黒木瞳が監督を務める映画「十二単衣を着た悪魔」の完成披露報告会が10月20日に都内で開催。主演の伊藤健太郎をはじめ、三吉彩花、伊藤沙莉、山村紅葉、笹野高史、黒木瞳の他、MCとしてLiLiCoが登壇した。

同作は、内館牧子が「源氏物語」を題材にした長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」を実写化したもの。異世界にトリップしたフリーターの伊藤雷(伊藤健太郎)が、奔放で強い女性・弘徽殿女御(こきでんのにょうご/三吉)に仕えて翻弄(ほんろう)されながらも、倫子(伊藤沙莉)を妻に迎えて成長していく姿を描く。

会場に登壇した伊藤健太郎は「就職で59社も落ちて世間から見れば大丈夫かなという男の子」と自身の役柄を説明しつつ、平安時代にタイムスリップしてもすんなり対応している姿について「自分も同じような境遇になったらすぐに対応できる気がするので、感覚が似ている」と共通点を明かした。

監督の黒木については「女優としての印象が強かったのでどんな演出をしてくれるのかワクワクしていました。役者の立場でいろいろ考えてくれるのでありがたかったです」とコメントした。

一方、弘徽殿女御を演じた三吉は「ここまで強い女性を演じたのは初めて」と告白。撮影が始まる前に監督に個人レッスンを受けたことを明かし「セリフの発声の仕方から強さや高さまで細かく指導していただきました」と語ると、監督から「嫌がられるんじゃないかなと思いつつ、マンツーマンでやらせていただいて、それに食らいついてくる女優魂をひしひしと感じました」と胸の内が明かされた。

また、雷の妻役・倫子を演じた伊藤沙莉は芝居の中でハプニングがあったことを明かし「めちゃくちゃ驚きました。最初はアドリブで本番中にふざけたのかなと思って。そのシーンを探してほしいですね」と倫子が泣いたあるシーンについて語ると、相手役の伊藤健太郎は「台本には書かれていなくて、黒木監督に撮影前に指示されました。やろうかどうか迷っていた時に後ろのベースから『いけ!いけ!』って」と急かされたことを打ち明けると、監督から「絶対聞こえているのに、なかなか行かないんですよ」と撮影シーンの様子を暴露され、会場に笑いが起こった。

最後に、伊藤健太郎は「この映画の雷と同じように平安時代にタイムスリップして頂いて、その世界観を楽しんでいただけたら」と作品をアピールして締めくくった。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=永田正雄)