水原希子、さとうほなみ主演による映画「彼女」が、2021年春にNetflixで配信されることが発表された。

映画「彼女」の原作は、女性2人の極限の愛憎を描いた中村珍の「羣青」(小学館IKKIコミックス)。同性愛者の永澤レイと、夫から壮絶なDVを受けている篠田七恵による、愛も憎しみも限界を超えた彼女たちの逃避行を描く。

高校時代から七恵に恋をしていたレイは、彼女のために夫を殺害。自分のために殺人まで犯したレイに疎ましさと恐ろしさを抱く七恵と、そんな彼女を生かすため、すべてを受け入れるレイ。2人は互いに愛を欲しながら、絡み合わない思いをぶつけ合う。

日本の美しい景色を背景に、見る者に“愛”の本質を問うロードムービーの監督を務めるのは、「軽蔑」(2011年)、「彼女の人生は間違いじゃない」(2017年)、「ここは退屈迎えに来て」(2018年)など、孤独を感じている人々を鋭く、かつ情熱的に描き出してきた廣木隆一。

そして、自由に生きているように見えて、実は同性愛者であることを家族に言えず生きづらさを感じている永澤レイを水原が。人生に希望を見いだせないものの死ぬこともできない篠田七恵を、ゲスの極み乙女のドラマーであり、女優として行定勲監督の「窮鼠はチーズの夢を見る」(2020年)での熱演が記憶に新しいさとうが演じる。

なお、テーマ曲は細野晴臣が担当。新旧織り交ぜた多彩な楽曲が、新たな愛の物語を彩っていく。

■ 廣木隆一監督コメント

原作の持つエネルギーの強さに引きずられ、女と女の映画を初めて監督させてもらいました。その中で性別を超えたものや超えられないものが見えてきました。

それで、何をテーマにすべきかは1つだと。そして見えてきたものにすがりつき、ここまでプロデューサーとシナリオライターとスタッフたちとキャストたちと旅をしてきました。その旅を観客の皆さんと共有できれば最高だと思います。

■ 永澤レイ役:水原希子コメント

夢にまで見た、初めて愛した彼女と一緒に過ごした悪夢のような時間。彼女が知らない“愛”を証明するために自分を犠牲にし、ボロボロになりながら奮闘する日々は、とても苦しく、今振り返っても胸が締めつけられます。

七恵役のさとうほなみさんがいなかったら、きっと乗り越えられなかったと思うほど、全てをさらけ出して限界まで演じました。この役を演じて、愛するということ、生きていく上で大切なことが、よりシンプルなものになった感覚があります。

■ 篠田七恵役:さとうほなみコメント

“殺した女と殺させた女”、何とも恐ろしい言葉ではありますが…。ずっと相容れず、どちらかが歩み寄ろうとするとどちらかが出て行ってしまう。でも、離れられないこの2人。なぜかかわいく思えてしまう、そんなお話です。

“殺させた女”である私は、常に「自分は天涯孤独だ」と思いながら撮影しておりました。温かい現場でありながらそのような気持ちでい続けられたのは良いチーム、良い作品だからこそ成し得たことです。

出演者、スタッフの皆さま、原作者の中村珍さん、そして廣木監督、水原希子さんに感謝。ぜひお楽しみに、お待ちいただければと思います。

■ 原作者:中村珍コメント

ルーツは「羣青」という漫画ですが、「原作の再現」だけが映像化の最適解ではないので、題も人の命名も、脚本も、“彼女”を作る皆さまにお任せしました。

原作に心を寄せた人が別解釈に抵抗を感じたり、逆に原作を苦手な人が映画で楽しめたり、それぞれあると思います。原作の人物に寄り添っていただけることも幸いですし、映画化にあたっては同じルーツの物語が、別の姿で愛されるかもしれない機会を得ることに最良の意義を感じています。

■ プロデューサー:梅川治男コメント

原作「羣青」と出会ってから10年、廣木監督と企画をスタートして3年。テレビや映画では難しいこの企画を、Netflix・坂本和隆エクゼクティブ・プロデューサーにご賛同いただき、2人の瑞々しいキャストを得て、この夏に撮了しました。

心揺さぶるエンターテインメント映画になっていると思います。来年の公開を、ぜひご期待ください。

■ エクゼクティブ・プロデューサー/Netflix コンテンツ・アクイジション部門ディレクター:坂本和隆コメント

「多様性」という言葉を超えて、「人を愛することに限界はあるのか」という根源的なテーマを描いた原作を元に、これまでにさまざまな「愛」を映し出してきた廣木隆一監督とともに、新たな作品を生み出すことができることをうれしく思います。

こうした普遍的なストーリーを現代的な視点で、視聴者の皆さまにお届けできますことを楽しみにしております。(ザテレビジョン)