映画「空に住む」(公開中)の公開記念舞台あいさつが10月24日に東京都内の劇場で開催され、出演者の多部未華子、岸井ゆきの、美村里江と青山真治監督が登場した。

同作品は、小竹正人の同名小説を映画化したもので、愛を喪失し、それでも未来へ歩きだす女性たちへエールを送る物語。両親の急死を受け止め切れないまま、叔父夫婦の計らいで都会のタワーマンションの高層階に住むことになった直実(多部)は、同じマンションに住むスター俳優・時戸森則(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE・岩田剛典)と出会い、夢のような逢瀬に溺れながら、仕事、人生、愛の狭間で揺れ続ける様を描いた物語だ。

舞台あいさつでは、登壇した多部が「映画館に足を運んでくださること自体がありがたいのに、こんなにたくさんの方が来てくださって本当にうれしく思います」とコメント。

また、3人がそれぞれ演じた役への思いを語った。

多部は「(直実を)淡々としているように演じたのですが、愛子(岸井)を励ますために突然強くなるんです。普段は淡々としていても大事な時に出る底力みたいなものは、私も欲しいですね」とコメント。

一方、岸井は「愛子は精神的に強くあろうとして、自分を納得させるために強さを自分に押し付けている感じがするんです。でも、それって近くの友人から見ると強がっているのが分かって逆に心配させている。私もけっこう強がってしまうタイプなので、気を付けたいな思いました」と明かした。

さらに、美村は「(自身の演じた)明日子さんはなかなかやっかいな方で…(苦笑)。直実をどう困らせるか、“善意で追い詰める”ということを考えて演じていました。『自分を良い人だと思って他人に迫ってはいけないな』という反面教師的な部分がありました。明日子さんには、体を動かすか地域のボランティアに参加してストレスを発散する場所を見つけてもらいたいなと(笑)」とにっこり。

そんな中、司会者から岩田の印象を聞かれた多部は「撮影が始まる前に監督とお話する機会を設けていただいて、岩田さんにはそこで初めてお会いしたんです。その時、岩田さんは台本にすごくたくさん付箋を貼ってらっしゃって! 事前に台本を読み込んで、疑問に思ったところに貼ってらっしゃったと思うのですが、そんな姿を見て『すごく真面目で勉強熱心な方なのだな』と思うと同時に焦りました(笑)」と話して会場を沸かせた。

最後に、多部は「明日も、一週間後も、一年後も、この映画が皆さまの印象に残っている映画になったらいいなと思います」とアピールしてイベントを締めくくった。(ザテレビジョン)