「踊る大捜査線」シリーズなどで知られる本広克行監督がメガホンを取った映画「ビューティフルドリーマー」が、11月6日(金)に全国で順次公開される。

本作は、映画研究会の部員たちが映研に伝わる“いわくつきの台本”を映画化するために奮闘していく即興劇。完全な脚本を用いずおおよその筋だけを立て、現場で口頭の打ち合わせで芝居をまとめる“口立て”を用いた演出を取り入れている。

その映画のオーディションに参加する登場人物として、役名ありでは初の長編映画となる女優・福田愛依が出演。「女子高生ミスコン2017-2018」でグランプリを獲得し、11月8日(日)に20歳の成人を迎える福田に、撮影エピソードや今後の抱負などを聞いた。

■「責任取ってね」というせりふは「緊張」

――本作は即興劇ということですが、出演した感想から教えてください。

初めて台本を頂いた時に、自分が出演するシーンのせりふが決まっていないことを知って驚きました。撮影に入る前のワークショップで、即興で作ったものをそのまませりふに取り入れていくスタイルだったので、最初は大丈夫かなという不安はありました。

――即興するにあたって、監督からどのような指示がありましたか?

「ありのままでいいよ、そのままの愛依ちゃんで出て」というお話を頂きました。それでも、私はお芝居の経験がほとんどない状態だったので、これでいいのかなと正解が分からず、探りながらになりました。

役柄としては映研のメンバーを魅了する役だったので、「責任取ってね」というせりふは皆さんの前で言うシーンだったこともあり、すごく緊張しました。

――作品の中で青いウイッグを付けられていましたね。

今まで髪を染めたことがないので新鮮な気持ちになりました。地毛に近い感触だったので不思議な感じがして楽しかったです。

20代で一度は髪を染めてみたいという気持ちがあって、毛先をピンクにした金髪にしてみたいんですけど、染め直しとかが大変そうなので、お金もかからない黒髪でいいかなと思うことにしています(笑)。
――現場の雰囲気はいかがでしたか?

すごく温かくて良い意味で緊張感のない現場。皆さんが映研のメンバーにしか見えなくて、発している言葉やアドリブがそのまま映像になっているような感覚でした。

だから、オーディションのシーンでは本当に大学に来て面接官に会っている気分になりました。

――現場ではケータリングが豪華だったそうですね。

私はカレーライスを頂きました。温かくておいしかったです。

■まもなく20歳…お酒を飲んでみたい

――食べるのがお好きだそうですが、最近はまっている食べ物は?

グルメバーガーですね。以前私が出演したドラマ「女子グルメバーガー部」(テレビ東京ほか)で紹介されている都内のお店を、実は一つずつ制覇している最中なんです(笑)。どこもおいしいんですけど、ボリューム的には第2話で出てくる「SHOGUN BURGER」がすごかったですね。

――まもなく20歳を迎えますが、挑戦したいことはありますか?

両親とお酒を飲んでみたいです、日本酒に興味があって。私の父が九州男児なのですごく日本酒を飲むんですけど、その影響で格好良いなと思っていて、家族と一緒に飲めたらいいなと思います。

あとは、母から20歳になるまでプライベートでの海外旅行を禁止されていたので、20歳になったらパリに行きたいです。小学生の頃から大好きなエッフェル塔を見たり、本場のカッチカチの硬いフランスパンを持って街を歩いたり(笑)。憧れですね。
――福田さんにとって理想の大人像とは?

しっかりと自分の意思を持って発言できることだと思います。そのためには、高校の時が元気だったので自分の良さも残しつつ、言葉遣いや行動を気を付けなければいけないし、いろいろな番組に出演させていただく中で成長した自分を表現していかなければいけないと思っています。

私はまだまだ指摘していただくことの方が多いので、そこを直しつつ自分の意思を発言できるようにしていきたいです。

――今後の目標を教えて下さい。

朝ドラ(NHK連続テレビ小説)に出演することです。祖父母が毎日朝ドラを見ていて、出演すれば私が住んでいる東京からでも画面を通して会うことができると思っているので。

自分自身の目標でもあるんですけど、応援してくれている方へ恩返しするために出たいと思っています。

(取材・文・撮影=永田正雄)