東京・六本木の国立新美術館で、'16年1月20日(水)から4月4日(月)まで、「はじまり、美の饗宴展 すばらしき大原美術館コレクション」を開催することが決定した。

「はじまり、美の饗宴展 すばらしき大原美術館コレクション」は、岡山・倉敷にある日本最初の美術館、大原美術館が所蔵する日本有数のコレクションを展示する美術展。多岐にわたるコレクションを通して、日本の美術館の黎明期を築いた大原美術館の活動の軌跡を浮かび上がらせる。

西洋絵画のコレクションからは、エル・グレコ「受胎告知」をはじめ、ゴーギャン「かぐわしき大地」、セガンティーニ「アルプスの真昼」などがラインアップ。日本の近現代絵画からは、岸田劉生「童女舞姿」、児島虎次郎「和服を着たベルギーの少女」などが展示され、民芸、エジプトやオリエントといった東洋の古代美術なども楽しめる。

この展覧会のサポーターにピース・又吉直樹が就任。展覧会の見どころや楽しみ方を、公式ホームページやYouTubeで公開中の謎解きムービーなどさまざまな形で紹介する。

又吉は「大原美術館のことは知っていたのですが、まだ行ったことがないです。日本初の美術館ということで、とてもすごい西洋美術のコレクションが東京にやって来るのを本当に僕も楽しみにしています」とコメントを寄せた。

同展の関連イベントとして、「美の饗宴 アートになりきり ハロウィン 仮装コンテスト」を10月31日(土)のハロウィン当日に国立新美術館内「ブラッスリー ポール・ボキューズミュゼ」にて開催。大原美術館が所蔵する世界のアート作品に仮装するというコンテストで、最優秀賞には大原美術館旅行1組2名の他、優秀賞(2名)、審査員賞(3名)、参加賞も用意。応募はwebから。詳しくは展覧会公式ホームページを参照のこと。