8900万ポンドの男の評価は落ちた

マンチェスター・ユナイテッドでフランク・ランパードやスティーブン・ジェラードのような存在になってくれるのではないか。そんな期待もあったMFポール・ポグバの評価が信じられないほど落ちている。これまでは指揮官ジョゼ・モウリーニョが能力を引き出せていないと擁護する意見もあったが、13日のセビージャ戦でサポーターの我慢も限界に達したようだ。

英『METRO』はポグバに対する批判が相次いでいると伝え、SNSで激怒するマンUサポーターの声を取り上げている。ポグバはこの試合に60分から出場しているが、サポーターからはパフォーマンスにやる気が見られなかったと批判が出ているのだ。

「ポグバを売却する必要がある。彼は単純に良くないし、過大評価だ」

「ユナイテッドはゴールへ向かっていたのにポグバはピッチを歩いていた。無関心に見えたし、ショッキングな態度だ」

「ポグバの態度は本当に酷い。彼は情熱や野心がないところを露呈した。ユナイテッドにいたくないのなら、夏に売るべき」

「これを続けるのなら、夏にポグバを売却すればハッピーだ」

「ジョゼは解任、ポグバは売却だ」

サポーターはパフォーマンスだけでなく、逆転を目指して戦おうとの気持ちが見られなかったことに腹を立てているようだ。ついには売却とのワードも出てきており、8900万ポンドで獲得されたポグバの評価は地に落ちてしまった。再びサポーターの信頼を掴むのは簡単ではないだろう。