19歳の若武者が重責を担う

フランスサッカー協会は24日、ロシアW杯に出場する選手たちの背番号を発表した。

今大会で10番を背負うのは、今季よりパリ・サンジェルマンに在籍しているFWキリアム・ムバッペ。今季の公式戦(46試合出場)で21得点を挙げるなど、19歳という若さを感じさせない実績を残している。“アンリ2世”という異名に違わぬプレイぶりを披露している同選手だが、今大会でも持ち前のドリブルで敵陣バイタルエリアを切り裂き、ゴールを演出することができるだろうか。

発表された各選手の背番号は以下の通り。


[GK]

1.ウーゴ・ロリス(トッテナム)

16. スティーブ・マンダンダ(マルセイユ)

23. アルフォンス・アレオラ(パリ・サンジェルマン)


[DF]

2. バンジャマン・パヴァール(シュツットガルト)

3. プレスネル・キンペンベ(パリ・サンジェルマン)

4. ラファエル・ヴァラン(レアル・マドリード)

5. サミュエル・ウムティティ(バルセロナ)

17. アディル・ラミ(マルセイユ)

19. ジブリル・シディベ(モナコ)

21. リュカ・エルナンデス(アトレティコ・マドリード)

22. バンジャマン・メンディ(マンチェスター・シティ)


[MF]

6. ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)

8. トマ・レマル(モナコ)

12. コランタン・トリッソ(バイエルン・ミュンヘン)

13. エンゴロ・カンテ(チェルシー)

14. ブレイズ・マテュイディ(ユヴェントス)

15. スティーブン・エンゾンジ(セビージャ)


[FW]

7. アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)

9. オリヴィエ・ジルー(チェルシー)

10. キリアム・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)

11.ウスマン・デンベレ(バルセロナ)

18. ナビル・フェキル(リヨン)

20. フロリアン・トヴァン(マルセイユ)