笑顔で「1、2、3、ファウルだ!」

ロシアW杯にブラジル代表として出場したネイマール。相手選手と接触した際に過剰なまでに痛がる姿が批判の対象となったが、その姿を真似る一般大衆が続出。“ネイマールチャレンジ”と称し、大げさに転げ回る姿をSNSを通じて公開する人々が急増した。

W杯期間中の振る舞いを笑いのタネとされてしまったネイマールだが、Instagramのストーリー機能(投稿24時間後に消失)を通じ、ある動画を公開。十数人の子どもを駐車場に呼び寄せ、「1、2、3、ファウルだ!」と、笑顔で号令。この掛け声を聞いた子どもたちが一斉にその場でしゃがみ込んだ。南アフリカメディア『sport24』は「ネイマールは子供たちに倒れ方を教えた」という見出しと共に、この模様を報道。「彼はInstagramを通じ、自身への批判を一蹴した」との見方を示している。

数多くの批判に晒されながら、全く意に介していない様子のネイマール。新シーズン以降も所属クラブやブラジル代表で結果を残し、自身の真価を証明することができるだろうか。