9月15日にもロングシュートで得点

28日に明治安田生命J2リーグの第39節が行われ、京都サンガF.C.が大宮アルディージャに2-1で勝利した。

京都が1-0とリードして迎えた10分に、同クラブFWカイオによる秀逸なゴールが生まれている。ボールを受けた同選手が敵陣右サイドからカットインすると、左足でミドルシュートを放ち、ボールは相手ゴールの右隅に突き刺さった。

先月15日に行われた同リーグ第33節(ファジアーノ岡山戦)でもセンターサークル付近からロングシュートを放ち、ゴールを挙げたカイオ。意外性溢れる遠距離シュートや、相手DFを置き去りにする快足には一見の価値がある。今夏に同クラブに加入して以降、リーグ戦で4ゴールを挙げている同選手だが、今後どのようなゴールでJリーグファンを沸かせてくれるのだろうか。