元SDが舞台裏を明かす

2018年夏に実現したクリスティアーノ・ロナウドのユヴェントス移籍は世界中のサッカーファンに衝撃を与えた。当時、このニュースに驚いた人は多いだろう。なにせ前シーズンまでチャンピオンズリーグ3連覇を果たしていたレアル・マドリードの顔がクラブを去る決断を下したのだ。この移籍は間違いなく近年で最も注目を浴びたビッグディールだったと言えるだろう。

しかし、ユヴェントスよりも前にC・ロナウドとの契約に迫っていたセリエAのクラブがあったようだ。それはACミラン。英『talkSPORT』によると、なんとC・ロナウドはユヴェントスよりも先にミラン行きに合意していたのだという。では、なぜこの取引は成立しなかったのか。舞台裏を2018年までミランでスポーツディレクターを務めたマッシミリアーノ・ミラベッリ氏が明かしている。

「当時、ジョルジュ・メンデス(C・ロナウドの代理人)と話をしたんだ。ロナウドがレアルとの間に問題を抱えていることは知っていた。そこで、私たちは移籍の手はずを整えたんだ。だがその後、中国人のオーナーは彼を継続的に在籍させることが難しいと判断しこの取引を拒否したのさ。あの時のオーナーが今の人物だったら、CR7はミランの選手だっただろうね」

どうやらこの取引、前オーナーであるリー・ヨンホン氏が最後まで首を縦に振らなかったようだ。高額な年俸、移籍金を必要とするC・ロナウドの獲得は財政的にリスクが大きすぎると判断したか。しかし、ミラベッリ氏はこの判断に大きな不満を抱いている様子だ。スーパースターが加入となればクラブはかつての競争力を取り戻したかもしれないだけに無理もないか。

意外な過去の移籍先候補が明らかとなったC・ロナウド。獲得を見送ったミランは、現在ライバルとなってしまった彼を見て何を思っているのだろうか。