連続成功は「15」でストップ

ベテランDFの左足から放たれたシュートは、無情にも相手GKに防がれてしまった。イタリア屈指のPK職人として知られるレフティーが、キャリアで初めてPKを失敗してしまった。

その選手とは、ジェノアに所属する元イタリア代表DFドメニコ・クリーシトだ。33歳の同選手は、これまでのキャリアでPKを外したことのない選手だった。2015-16シーズンに当時所属していたゼニトで初成功を記録して以降、15回連続で成功。今季も5本のPKを涼しい顔で決めている。

しかし現地時間25日に行われたセリエA第21節のフィオレンティーナ戦にて、その記録は途切れることとなってしまった。この試合でジェノアは13分にFWアンドレア・ファヴィッリがペナルティエリア内で倒されPKを獲得。キッカーを任されたのはもちろんクリーシトだ。彼はいつものようにボールをセットし、細かいステップを踏みながら得意の左足を振り抜いた。だが、そのシュートが“いつものように”ネットに突き刺さることはなかった。

ゴール中央へ飛んでいったボールは、相手GKバルトロミエイ・ドラゴフスキが右足一本で決死のセーブ。昨季セリエAにおける1試合あたりのセーブ数新記録(17本)を樹立した守護神に、偉大な記録は阻止される結果となってしまった。ここまで継続してきた成功率“100%”はこれで終了。クリーシトにとっては悔しすぎる失敗と言えるだろう。

とはいえ、これでクリーシトはプレッシャーから解放される可能性もある。一度失敗したことで、今後は気持ちがだいぶ楽になるはずだ。キャリア通算PK成功率100%の希望が潰えてしまった強心臓レフティー。しかし、そんな今だからこそ彼にはイタリア代表の大先輩であるロベルト・バッジョ氏の言葉を思い出してほしい。

「PKを外すことができるのは、PK蹴る勇気を持った者だけだ」。