プレミアでは苦戦するとの予想も

仮にバルセロナFWリオネル・メッシがイングランド・プレミアリーグにやってきたらどうなるだろうか。

バルセロナでは先日エリック・アビダルSDが前指揮官エルネスト・バルベルデ解任について、選手たちのハードワークが不足していたと発言。これにメッシが怒りを露わにする展開となり、クラブとの関係悪化からメッシの移籍話が浮上しているのだ。

もちろんまだ噂の段階だが、移籍先候補にはジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティも挙げられている。メッシがバルセロナ以外のクラブでプレイするところも見てみたいが、メッシはプレミアでも成功できるだろうか。

英『Daily Mirror』によると、元アーセナルMFエマニュエル・プティ氏はメッシがプレミアの環境では苦戦すると予想する。イングランドにスペイン、イタリアと複数のリーグで活躍してきたクリスティアーノ・ロナウドとは違うとの意見だ。

「私はメッシがイングランドの激しいスタイルに合うとは思わないね。彼を見られることをイングランドのサポーターは喜ぶだろうが、シティのようなクラブが32、33歳のメッシに動く理由は分からないな。シティがもしメッシを欲しいならば、数年前にトライすべきだった。メッシはクリスティアーノ・ロナウドではない。フィジカルの部分で同じマシーンではないんだよ。ロナウドはモンスターだ。だが、32歳のメッシが最高のレベルにいるのは残り1、2年だ。バルサで素晴らしい選手に囲まれているとはいえ、彼はもう以前と同じスピードやドリブル能力を有していない」

メッシならばある程度は活躍できるだろうが、バルセロナと同じような活躍を求めるのはさすがに厳しい。年齢を考えても獲得はリスクが大きすぎるかもしれない。