ケイタ&南野への注目

プレミアリーグも再開し、21日には首位リヴァプールがアウェイでエヴァートンと激突する。

この一戦を前に英『Liverpool Echo』が見たいプレイをまとめているのだが、その中にはトレント・アレクサンダー・アーノルドの高精度クロス、アンドリュー・ロバートソンの快速オーバーラップ、闘将ジョーダン・ヘンダーソンがトロフィーを掲げるところ、指揮官ユルゲン・クロップのシャウトなどが挙げられている。

そしてもう1つ。同メディアが注目しているのが、MFナビ・ケイタ&日本代表FW南野拓実の元ザルツブルク・コンビのパフォーマンスだ。

ケイタはライプツィヒから大きな期待を背負って加入したが、ここまでは苦いシーズンを過ごしてきた。ベンチに座る時間も長かったが、同メディアはここ最近のトレーニングでアピールできていると評価。ここからシーズン終了までの数週間でチャンスがくると見ている。

南野についても同じだ。ここ最近はリヴァプールでの生活にも慣れたのか、チームにフィットしてきていると評価されている。

「ケイタと南野にとって、ビッグな数週間となるかもしれない」

同メディアはこのように取り上げており、来季のポジション奪取へ2人の猛アピールにも期待がかかる。日本のサッカーファンも南野の活躍を待っているはずで、南野が結果を残せるのか楽しみだ。