今夏未来への投資を敢行か

来季、レアル・マドリードの最終ラインに新たな風が吹くこととなるか。“白い巨人”が若き大型センターバックの獲得を目論んでいる。

今季もセルヒオ・ラモスとラファエル・ヴァランのCBコンビが強固な守備網を形成し、2019-20シーズンをリーグ最少失点(25点)で切り抜けたレアル。3シーズンぶりのリーグタイトル獲得に彼らの働きが必要不可欠だったことは間違いない。

だが、そんな最高のCBコンビを擁する一方で、彼らは未来を見据えた投資も行いたい。ヴァランこそまだ27歳ではあるものの、S・ラモスはすでに34歳と紛れもなくベテランと言える年齢だ。昨夏確保した22歳のエデル・ミリトンもいるが、若い選手は他のポジションと比べて少ないと言える。

そんな中で、レアルはようやく最終ラインに有望なティーンエイジャーを連れてくるかもしれない。スペイン『as』によると、彼らは今夏ASモナコに所属する19歳DFブノア・バディアシルの獲得を目論んでいるという。

U-19フランス代表にも選出されているバディアシル。コンゴにルーツを持つ選手で、身長192cmのフィジカルを活かした当たりの強さは抜群だ。10代の選手とは思えぬ落ち着きで相手アタッカーの進撃を阻止する彼はまだ改善すべき点こそあるものの、まず個人の守備能力が求められるレアルにとってまたとない逸材と言える。ジネディーヌ・ジダン監督も母国フランスに出現したこの若き“モンスターDF”のことを高く評価しているようだ。

モナコでは今季リーグ戦15試合に出場し、地位を固めつつあるバディシアル。移籍金は3500万ユーロ(約43億円)から4000万ユーロ(約50億円)程度とされ若手としては少々高額だが、先のことを考えればお買い得とも言えるか。レアルが狙うフランスの新たな怪物候補。数年後、“白い巨人”の最終ラインを支えているのはこの男かもしれない。