今季プレミアで大躍動

2019-20シーズンの後半戦は攻撃陣が大爆発し、最終的に来季チャンピオンズリーグ出場圏内である3位にまで順位を上昇させたマンチェスター・ユナイテッド。マーカス・ラッシュフォード、アントニー・マルシャル、そしてメイソン・グリーンウッドの3トップは、相手にとってまさに“驚異”と言える存在だった。

一見、完成を見たかのようにも思える前線のユニット。しかし、長いシーズンを戦っていれば不測の事態はつきものだ。来季も彼らが全員揃ってフル回転できるかは全く予想ができないだけに、マンUは緊急事態に備えて信頼できるストライカーをもう何人かは補強しておきたいところだ。

そんな中で、獲得候補に急浮上しているのはウォルバーハンプトンのメキシコ代表FWラウール・ヒメネス。今季プレミアで17得点をマークした点取り屋を確保できれば、マンUにとってこの上ない補強となることは間違いない。かつてアーセナルなどで活躍したマーティン・キーオン氏もヒメネスの実力をかなり高く評価しているようで、マンUは今すぐにでも獲得に動けと英『talkSPORT』へ次のように語っている。

「ヒメネスはCLに出場すべき選手さ。本人もその気持ちを持っているのなら、彼は今よりもビッグなクラブへ行かなければいけない。ウルブズが正しい方向に進んでいるのは間違いないけれど、彼らにはもったいない選手だと感じるね。個人的にはセルヒオ・アグエロやハリー・ケインと同じ領域にいると思う。私がエド・ウッドワード(マンU・CEO)なら、今すぐにでもヒメネスの獲得に動くだろう。ケインは怪我がちだから補強の候補にはならない。ヒメネスの方がより多くの問題を引き起こすことができるだろう」

その実力はプレミアトップクラスのストライカーとして知られるアグエロやケインにも匹敵すると、キーオン氏はヒメネスのことを大絶賛する。前線でボールを収めてチャンスメイクすることもできれば、自ら得点も決めることができる“万能FW”。先日は元チリ代表のイヴァン・サモラーノ氏も「ベンゼマと同じくらい良いか、それ以上だと思う」と、レアルのエースにも引けを取らない実力者とこの28歳を評価している。

各方面から絶賛の声が止まないプレミアトップクラスのCF。はたして今夏、マンUはヒメネスを確保することができるのだろうか。加入となれば、赤い悪魔の前線は相手にとってさらに厄介なユニットとなるはずだ。