ドイツ代表の守護神問題はどうなる

以前からドイツサッカー界で大きなテーマの1つとなっていたのが、正守護神問題だ。

2014ブラジルワールドカップ制覇に貢献したバイエルン所属GKマヌエル・ノイアーを信じるのか、それともバルセロナで評価を伸ばすGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンを信じるのか。

昨季までは、テア・シュテーゲンの方が人気は高かったかもしれない。ノイアーのパフォーマンスが2018ロシアワールドカップから怪しいと言われてきたからだ。

ドイツ代表の守護神はテア・シュテーゲンに代えていくべきとの意見も見られたのだが、今はその議論にも変化が起きているのではないか。

今季3冠を獲得したバイエルンでノイアーが再び評価を高めているからだ。

バイエルンはチャンピオンズリーグも制覇してみせたが、決勝のパリ・サンジェルマン戦でもクリーンシートを維持しての1-0勝利だった。

クリーンシートはノイアー1人の功績ではないが、ノイアーが何度か訪れた危ないシーンを防いだのは事実だ。

常に攻撃陣にスーパースターを擁してきたパリがチャンピオンズリーグの舞台で無得点に終わるのは、2016年4月のマンチェスター・シティ戦以来のことだ。それほどパリの攻撃を無得点に抑え込むのは難しいのだ。

今回ノイアーを中心とするバイエルン守備陣はそれを見事に実現してみせた。

来年にはEURO2020が予定されているが、3冠制覇に貢献したGKをスタメンから外すのは勇気のいる決断だ。今季の内容を考えれば、まだまだノイアーの1番手体制で戦うのが妥当か。

テア・シュテーゲンにとっては悔しい結果かもしれないが、今季は先輩・ノイアーの方が良いシーズンを過ごしたのは間違いない。ノイアーVSテア・シュテーゲンの議論は、再びノイアーが一歩リードか。