今季はまだ眠ったままMFだが……

現地時間20日に行われる2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ初戦。昨季クラブ史上初のファイナル進出を果たしたパリ・サンジェルマンは、この一戦で2シーズン前に苦杯を嘗めさせられた因縁の相手であるマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。

今季プレミアリーグで少々苦戦を強いられているマンUだが、PSGにとっては前述の経緯もあり決して油断できぬ相手と言えるだろう。特にMFブルーノ・フェルナンデスらを中心とした攻撃陣は、一度勢いに乗せてしまえば再び大人しくさせることは難しい。

そんな中、PSGの面々が口を揃えてB・フェルナンデスと共にマンUで最も警戒すべきと名前を挙げる選手がいる。その選手とはMFポール・ポグバだ。英『Daily Mirror』によると、PSGのトーマス・トゥヘル監督はマンU戦前に行われた会見にて、ポグバに自由を与えれば相手に試合を支配される可能性があると言及。最優先で抑えるべきは、“マンUの心臓”と同監督は見ているようだ。

「ユナイテッドは以前と比べて、大きな変化を遂げている。今では、より自信と経験を持った新加入選手も加わった。だけど、最も警戒しなければいけないと感じるのはポグバだ。彼は依然としてチームの重要人物であり、世界最高峰のMF。B・フェルナンデスと共に、彼らを止めることがこの試合における一つの鍵となるはずだ」

今季は開幕から絶好調とは言い難いポグバだが、その実力は誰もが認めるところ。ノッているときの彼は手がつけられないだけに、この試合で目覚めさせてはいけないとトゥヘル監督は用心しているようだ。さらに2018-19シーズンまでマンUに在籍していたMFアンヘル・エレーラも、このフランス代表MFを抑えられるかどうかが試合の行方を左右するとコメントしている。

「ポグバはすべてを備えている選手だと思うよ。彼のような選手は他にいない。1対1、ボックス・トゥ・ボックスの動き、そしてピッチ上のどこでも決定的なプレイ。そのどれもが素晴らしい。彼はサッカー界で最高の1人になれる才能を備えている。他の選手たちにも、もちろん警戒しなければいけないね。彼らは進歩している。チームを強化する上で適切な選手とサインを交わし、着実に成長してきていると感じるよ」

ニューカッスル戦では途中出場から上々のプレイを披露していただけに、PSG戦でようやく目覚める予感もするポグバ。はたして、昨季のCLファイナリストはこの実力者をどこまで抑え込むことができるのか。眠れる獅子を起こさぬよう、PSGは工夫を凝らしてこの試合に臨みたいところだ。