マンCの猛攻を凌げるか

2020-21シーズンのプレミアリーグ22試合消化時点で8位のトッテナムは、現地時間13日の同リーグ第24節で首位マンチェスター・シティと対戦する。来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権確保の要件である国内リーグ“トップ4フィニッシュ”を果たすためにも、トッテナムとしては勝ち点3が欲しい一戦だ。

今季のトッテナムは、マンチェスター・シティのように自陣後方から丁寧にパスを繋ぐポゼッション型のチームと対戦する際、特殊な可変システムで挑む傾向が強い。[4-2-3-1]が基本布陣だが、相手ボール時に2ボランチの片割れが最終ラインに加わり、トップ下の選手がボランチに降りることで[5-4-1]の布陣を形成。ボールが自陣左サイドにある時は左側のボランチが、右サイドにボールが展開された場合は右側のボランチという具合に、ボールサイドのボランチが最終ラインに入るという約束事が徹底されている。

この可変システムのデメリットを挙げるとすれば、[4-2-3-1]から[5-4-1]へ移行する際、サイドハーフやトップ下の選手の帰陣が遅れると、ボランチの両脇にスペースができてしまうこと。このスペースをマンチェスター・シティのインサイドハーフ(ベルナルド・シウバ、イルカイ・ギュンドアン)に使われ、チャンスメイクを容易に許すようであれば、複数失点は避けられないだろう。サイドハーフのソン・フンミンやステーフェン・ベルフワイン(もしくはエリック・ラメラ、ルーカス・モウラ)、及びトップ下での出場が多いタンギー・エンドンベレが相手ボール時に素早く帰陣し、ボランチの脇のスペースを埋められるか。この点が勝負の分かれ目となりそうだ。