今季17得点で得点ランク3位の鈴木

今季のジュピラー・プロ・リーグのシント・トロイデンで17得点を決めた鈴木優磨。欧州での彼への評価はかなり上がっており、クラブはすでに移籍を容認している。そのため、今オフでは他クラブへの移籍が決定的となっている。

来季の鈴木はどのユニフォームを着るのか。本人はイタリアでのプレイを希望していることを何度か口にしている。セリエAのクラブから魅力的なオファーがあれば、移籍も十分あり得るだろう。またUEFAチャンピオンズリーグでのプレイも希望しており、イタリアでなくてもそのチャンスがあるクラブであれば、前向きに検討するのではないか。

イタリアのCL出場権クラブからオファーが来るのが最高だが、インテルやアタランタ、ナポリにユヴェントスやミランと当然ながら強豪クラブばかりだ。オファー来ればかなり魅力的ではあるものの、現実味は低い。

そこでオランダやポルトガルの上位クラブへの移籍はどうか。国内トップレベルでのプレイを行いながら欧州での経験も積むことができる。そこで得点を積み重ねることができれば、さらなる経験やアピールにつながっていくだろう。

またベルギーメディア『voetbalkrant』がブンデスリーガのヘルタからのオファーがあり、シント・トロイデン側は意欲的な反応を見せたが、鈴木自身は他の選択肢を探している様子だと伝えている。鈴木は欧州大会に参加しているクラブへの移籍を希望しているため、やはり先述したようなクラブへのオファーが待たれるだろう。またブンデスリーガ専門サイト『Bulinews』ではリーグ・アンのサンテティエンヌとアンジェが興味を示していると伝えられているが、鈴木の決断はどうなるだろうか。

これからも鈴木に関心を示すクラブは増えていくはずだ。その中で自らの希望も含めてたくさん悩むことになるだろう。すべてはオファーが来ないことには始まらないが、どのクラブへ移籍するか注目して見ていきたい。