リヴァプールでのブレイクに期待

今季最もブレイクした若手といえばマンチェスター・シティのフィル・フォデンだろう。2年ぶりとなるプレミアリーグ制覇に大手をかけたマンCにおいて彼の活躍は欠かせないものとなった。そんなフォデンのように将来、プレミアリーグでの飛躍が期待されている若手がリヴァプールにいる。

ポーランド人FWのマテウス・ムシアロウスキだ。現在U-18チームに所属しているムシアロウスキ。昨年リヴァプールへ加入すると、U-18チームで才能の片鱗を見せ付けて、今季はU-18プレミアリーグで8ゴールを挙げている。フォデンも17歳でU-18で11ゴールを挙げているため、彼並みの実力を誇っているといっても過言ではない。

そんなムシアロウスキの武器は、キレのあるドリブルだ。左ウィングを主戦場とする彼は複数人に囲まれても奪われない技術と、そこからシュートへつなげるセンスが光っている。その技術力の高さは国外にも知れ渡り、ドルトムントが獲得を狙っているのではないかという噂も出ているほどだ。

その技術力の高さから、すでに3月の国際Aマッチデー期間にトップチームでもトレーニングに参加。ユルゲン・クロップ監督の目の前で自身のアピールを行なっている。現在17歳のポーランドの神聖は、近いうちにフォデンのようなセンセーショナルな活躍をプレミアで見せるかもしれない。