退団の可能性があるベルナルド・シウバ

今季、2年ぶりにプレミアリーグ制覇を果たしたマンチェスター・シティ。毎年熾烈なポジション争いが行われる中で、レギュラークラスの選手でも、なかなか試合に絡めないという状況も少なくはない。

一時期はチームの中心として活躍していたベルナルド・シウバのその1人となってしまっている。今季はプレミアリーグで26試合2得点にとどまっており、B・シウバ自身もその現状が続くようであれば、移籍を希望しているなどの報道が出ている。

そんな中でまことしやかに囁かれているのが、リーグ王者同士の大型トレードだ。その交渉相手となっているのが、今季リーガ・エスパニョーラを制したアトレティコ・マドリードである。スペイン王者がB・シウバの獲得を目指している様子だ。

高いパスセンスとチャンスメイクができるB・シウバ。運動量も豊富で守備意識も高いプレイヤーである。もしアトレティコにB・シウバが加入すれば、ゲームメイクする選手を1枚増やすことができ、引いた相手に対しても攻撃の質を高められる。アトレティコはそんな意図も含め、B・シウバ獲得を検討しているかもしれない。

英紙『Mirror』では、そんなB・シウバを狙うアトレティコとマンCの間でジョアン・フェリックスとのトレードが画策されているのではないかと報じられている。ベンフィカでのセンセーショナルな活躍から“クリスティアーノ・ロナウド2世”と呼ばれるJ・フェリックスだが、スペイン挑戦後は、あまりその逸材ぶりを発揮できていない。C・ロナウドが大きく躍進したプレミアリーグで、さらなる成長となる可能性もあるだろう。

移籍を希望するB・シウバだが、放出の可能性はあるのだろうか。同じポルトガル人同士のトレードとなれば非常に話題となる移籍となるだろう。今オフの動向に注目したい。