71分から途中出場を果たしたラファ・シウバ

UEFA EURO2020のグループFでポルトガル代表はハンガリー代表と対戦。終盤に3ゴールを奪ったポルトガルが勝ち点3を獲得した。すべてのゴールに関与した男が、途中交代で出場したラファ・シウバだ。

ラファ・シウバは、0-0で迎えた71分にベルナルド・シウバと交代で出場。交代当初はボールを持ちすぎるあまり、相手に奪われるシーンも少なくなかった。しかし84分にはラファ・シウバのクロスが相手に当たり、中央へ流れるとラファエル・ゲレイロが合わせる。するとこれも相手に当たってコースが変わり、ネットに吸い込まれた。さらに87分には鋭い抜け出しからPKを獲得する。

極めつけは後半ロスタイムだった。クリスティアーノ・ロナウドとのパス交換で中央へ切り込むと、C・ロナウドへラストパスを送り3ゴール目を奪取。結果的に全ゴールに絡む活躍となり、得点を奪えず苦しんだチームを勝利に導いた。

ラファ・シウバはポルトガルで唯一のベンフィカからの選出。今季のプリメイラリーガでは29試合5ゴール5アシストを記録した。スピードとドリブルを武器に相手DFを切り裂くサイドアタッカー。170cmと小柄ながらテクニックは一級品で、DFとしても疲労が溜まり始めた終盤において彼のようなテクニカルな選手の投入は対応が難しいだろう。

ディフェンディングチャンピオンとして臨むポルトガル。フランス代表やドイツ代表とも同組となってしまい、格下のハンガリーには負けられない一戦だったが、途中交代のラファ・シウバが流れを変えた。“ジョーカー”の役目を担える選手のいるチームは強い。ポルトガルの切り札として、今大会は彼の名前を何度も見ることになるかもしれない。