町田のゴールで1-0と勝利した大分

明治安田生命J1リーグで大分トリニータは浦和レッズと対戦。今季はわずか3勝と下位に沈んでいた大分が1-0で浦和に勝利した。キャスパー・ユンカーら浦和の強力な攻撃陣を無失点で抑え、相手の良さを消すことで得点機会をつくらせなかった。

3バックで挑んだ大分は、ユンカーに対して中央を固めることでブロックを敷いてボールを持たせない守備を展開。小泉佳穂や柴戸海からのパスを通させなかった。またそれによって背後のスペースがなくなったため、自らボールを保持してチャンスをつくれるユンカーには、有効な対策だった。

リカルド・ロドリゲス監督は後半からは杉本健勇を突入し、ラインを押し上げようと試みる。リズムをつくり始めるものの、大分は羽田健斗を投入して守備を固めて対応。渡邉新太や伊佐耕平を前線において中盤の数を減らした浦和にカウンターを仕掛けるなど、万全な対応で好調な浦和を無失点で凌いだ。

大分の術中にはまり得点が奪えなかった浦和。ユンカー対策を講じる相手が増える中で、彼を使いながら他の選手がどのように得点を奪えるかが後半戦の課題となってくるだろう。今季は不調の大分も、リーグ中断前に自らの対策で勝ち点3を獲得することができた。前半戦で出た課題を修正しながら、両クラブの後半戦での進化にも期待したい。