マティプとコナテがプレシーズンマッチでスタメンに

新シーズンを前にリヴァプールで好調を維持しているのが、CBを務めるジョエル・マティプとイブラヒマ・コナテの両選手だ。スタメンに名を連ねる両DFがプレミアリーグの開幕戦でもコンビを組む可能性が高い。

プレシーズンの初戦となったヴァッカー・インスブルック戦で怪我から復帰したマティプがスタメン出場すると、続くシュトゥットガルト戦ではコナテが移籍後初スタメンを果たす。無失点勝利となったマインツ戦で初めてスタメンでコンビを組むと前半の45分をともにプレイ。ヘルタ・ベルリン戦もコンビでスタメンとなっており、ユルゲン・クロップ監督からも大きな期待を寄せられている。

怪我がちではあるものの、出場すればワールドクラスのプレイを疲労するマティプ。プレシーズンでは、ここまで安定した守備を披露してチームを落ち着かせる。コナテも新加入の22歳とは思えない堂々たるプレイで自身をアピール。残りは3試合のプレシーズンマッチが予想されているが、アクシデントがない限り、プレミア開幕戦は両CBコンビをファーストチョイスとするのではないか。

フィルジル・ファン・ダイクやジョー・ゴメスが復帰するなどDFも続々と役者が揃ってきたリヴァプール。昨季大きく成長したナサニエル・フィリップスも含め、激戦となるCBのスタメン争いを勝ち取るのは誰か。またクロップ監督は彼らをどううまく運用していくのか。2021-22シーズンのリヴァプールはDFにも注目していきたい。