チェルシーでは苦しい時間を過ごすも

今夏移籍市場でチェルシーを離れることとなった若きストライカーは、これからのキャリアで偉大な先輩と同じようなルートを辿ることができるのか。ASローマに向かったFWタミー・エイブラハム(23)にとって、イタリアで過ごす時間は間違いなく重要な時間となる。

チェルシーで本格ブレイクというわけにはいかなかったものの、ポテンシャルの高さは誰もが認めるエイブラハム。2019-20シーズンにプレミアで15得点を叩き出していることからも、その能力に疑いの余地はない。ローマへの移籍はステップダウンのように捉えられるかもしれないが、多くの出場機会を得ることで今後復活を果たす可能性は大いにあるだろう。当初期待されていたよりは少し遠回りを強いられることとなったが、ワールドクラスへの扉は今もなお開かれている。

そんなエイブラハムがこれから辿るべき道は、彼と入れ替わりでセリエAからチェルシーへと向かったFWロメル・ルカクか。このベルギー代表FWもまた、エイブラハムと同じように若手時代に一度をブルーズでブレイクできぬまま放出された経験を持っている。しかし、ルカクはそこから渡り歩いたクラブで着実に自分の武器を磨き、スケールな大きなFWとして洗練された。そして周知の通り、セリエAでついにその才能は完全開花。昨季はインテルをスクデットに導く原動力となり、ワールドクラスのストライカーとしての評価を確立したのだ。まったく同じ境遇というわけではないものの、エイブラハムのロールモデルとしては理想的と言えるだろう。

「ルカクが初めてチェルシーでプレイしていたとき、あまり多くの出場機会を得ることができなかった。でも、その後の彼は所属した各チームで重要なストライカーとなったんだ。私は、いずれタミーにも同じことが起こるのではないかと信じているよ。ルカクも20代半ばまではそのポテンシャルを十分に発揮することができていなかったからね」

「現時点でチェルシーがタミーを手放すのは仕方のないことだけど、たとえ残留していても4年くらいの間にチームの主役となれるポテンシャルは備えていたと思う。いつの日か彼には大きくなってチェルシーに帰ってきてほしいよ。完成した選手となって、今回のルカクのように即戦力としてブルーズの攻撃をリードするようになってほしい」(英『football.london』より)

かつてチェルシーなどでプレイしたパット・ネヴィン氏も、エイブラハムがここからワールドクラスのストライカーとなることにはこのように期待をかけている。チェルシーではその本領をなかなか発揮できなかったものの、はたしてこの若きストライカーは新天地で見事な逆襲劇を披露することができるか。23歳FWの次なる冒険が始まる。