堅守が大きな武器に

昨季フランク・ランパードの下でスタートしたチェルシーには攻撃的なチームとのイメージがあったが、トーマス・トゥヘルが就任してからは大きく変わった。

攻撃的なマインドが消えたわけではないが、守備が異様に堅くなったのだ。昨季のチャンピオンズリーグ制覇も強固な守備がすべてのベースとなっており、今のチェルシー守備陣を破壊するのは極めて難しい。

身体能力の高いDFアントニオ・リュディガー、経験豊富なチアゴ・シウバとセサル・アスピリクエタ、デンマーク代表の一員としてEURO2020を戦ったアンドレアス・クリステンセンらセンターバック陣も高い評価を得ている。

今季も開幕からクリスタル・パレス、アーセナルをシャットアウトし、第3節のリヴァプール戦も退場者を出しながら1-1のドローに持ち込んだ。今のチェルシーには相手の猛攻を耐え切る力がある。

そして前線にはインテルからFWロメル・ルカクが復帰しており、英『90min』は以前のチェルシーに似てきていないかと分析している。

以前のチェルシーとは、ディディエ・ドログバを頂点に置いていた時代のことだ。特にジョゼ・モウリーニョが指揮していた2004-05、2005-06シーズンの安定感はプレミアリーグの歴史に残るレベルで、2004-05シーズンにはプレミア最少記録となる15失点でのリーグ制覇を果たしている。

当時はジョン・テリー、リカルド・カルバーリョが最終ラインを統率し、GKにはペトル・チェフ、中盤にも守備力の高いクロード・マケレレがいた。

今の戦力と比較するのは難しいが、現守護神のエドゥアール・メンディもレベルが高く、中盤にはマケレレと何度も比較されてきたエンゴロ・カンテがいる。

そして前線にはドログバに負けず劣らずのパワーを持つルカクだ。強引にボールを収めることができ、1人でカウンターを仕掛けることだって出来る。相手センターバックにとっては恐怖の大型ストライカーだ。今のルカクはドログバと比較しても問題ないレベルに達したと言えるのではないか。

今のチームは2004-05シーズンに匹敵するポテンシャルを秘めているのか。まだ始まったばかりだが、現在のチェルシーにかかる期待は大きい。