フレッジでは物足りない

今夏の移籍市場にてFWジェイドン・サンチョやFWクリスティアーノ・ロナウド、DFラファエル・ヴァランといったサッカー界きっての実力者を多数獲得したマンチェスター・ユナイテッド。ここ数年で着々と整備してきた従来のスカッドに彼らを加え、赤い悪魔はついにプレミアリーグのタイトル奪還へ。2021-22シーズン開幕前、そんなシナリオに期待していたファンは多かったことだろう。

しかし、いざシーズンが始まってみると、大補強を敢行したわりにマンUは圧倒的な強さを見せつけることができていない。ここまでのプレミアにおける戦績は4勝2分1敗。首位チェルシーとの勝ち点差こそ「2」ではあるものの、今季の同クラブはいまだビッグ6とは対戦していないだけにやや物足りなさは残る。新戦力のフィットに時間がかかることも考慮しなければならないが、それでも対戦カードが比較的楽な序盤戦でもう少し他クラブとの差はつけておきたかったところだろう。

そんなマンUに感じる“物足りなさ”の要因のひとつとなっているのが、中盤のフィルター役を務めるMFのクオリティ。このポイントは以前から指摘されていたものの、開幕してから改めて同ポジションを務める選手たちのクオリティは気になるところだ。特に批判を受けているのはMFフレッジのパフォーマンスで、被カウンター時における中盤の強度を補強するために起用されている同選手だが、現状彼はその役割を十分に果たすことができていない。すべてが同選手のせいではないのだが、失点に直結するようなミスも散見されることから日に日にファンからの信頼は失われつつあると言っていいだろう。加えて、スコット・マクトミネイも当初期待されていたようなパフォーマンスを披露することができておらず、ネマニャ・マティッチもシーズン通してのフル稼働は難しい同ポジション。今冬のマーケット以降でマンUが補強すべきは、やはりこの守備的中盤だろう。

そうなれば、マンUが獲得すべきはどのような選手か。英『talkSPORT』によると、同クラブが熱視線を送っているのは先日対戦したエヴァートンに所属するMFアブドゥライェ・ドゥクレだという。かねてよりその能力の高さは各方面から評価されていた同選手だが、今季はより一層逞しくなった印象も受ける。マンU戦では果敢な守備だけでなく、奪った後の持ち上がりにもキラリと光るものを見せていた。まさにマンUの中盤に足りない要素を持っており、獲得できるのであれば真っ先にアプローチをかけるべき選手なのは間違いないだろう。

現時点でエヴァートンの中盤に欠かせない存在となっているだけに、獲得は困難なミッションとなる可能性が高いものの、その能力に疑いの余地はないドゥクレ。はたして、今後この中盤戦士が赤い悪魔でプレイする日は来るのだろうか。その動向は注視したいところだ。