12分に先制点を決める

浦和レッズはYBCルヴァンカップの1stレグでセレッソ大阪と対戦し、1-1と引き分けた。この試合で先制点を決めたキャスパー・ユンカーは、復調することができるだろうか。

スタメン出場を果たしたユンカーは12分、山中亮輔のクロスに合わせてゴールネットを揺らす。その後同点に追いつかれた浦和だったが、彼が決めた1点が次へとつながる得点となった。

これで公式戦5試合ぶりの得点となったユンカー。前回得点を決めたのもルヴァンカップの川崎フロンターレ戦だった。川崎戦を含めて途中出場が続き、なかなか試合に絡めないことも少なくなかったユンカーだが、この試合で先発を果たし、すぐさま結果を残した。

Jリーグ中断前の最後の試合ではヴィッセル神戸に完敗を喫した浦和。ユンカーはその試合でも途中出場で結果を残せなかった。デビュー当時に強烈なインパクトを与えていただけに、さらなる得点量産への期待が増していることだろう。C大阪との2ndレグでユンカーのゴールで決勝進出することができれば、さらに乗っていくのではないだろうか。