ミランに所属するケシエ

リヴァプールは今季ジョルジニオ・ワイナルドゥムをパリ・サンジェルマンへと放出するものの、中盤の補強は行わずに今シーズンを迎えた。しかしハーヴェイ・エリオットやカーティス・ジョーンズの活躍により、ワイナルドゥムの穴は埋まりつつある様子だ。

そんな中で気になるのがファビーニョの代わりとなる選手の存在だ。チームにおいてアンカーのポジションで絶対的な存在となっているファビーニョ。しかし彼の離脱時には、ジョーダン・ヘンダーソンやジェイムズ・ミルナーなどベテラン選手たちがカバーしている。

そんな中でアンカーについて補強の噂が出ている。候補となっているのが、ミランのフランク・ケシエだ。現在24歳と成長著しいコートジボワール代表MFは、昨季もセリエA37試合に出場し、13得点6アシストをマークした。圧倒的なフィジカルとボール奪取能力の高さを武器に攻守において輝きを放つケシエ。リヴァプールの次世代のアンカーを務める存在として適任といえるだろう。

英紙『Liverpool Echo』でもミランとの交渉が難航しているケシエに対し、リヴァプールが来夏にフリーで獲得を目指すと報道。バルセロナも関心を示すケシエだが、バルサが提示する倍額をリヴァプールが準備できると伝えられている。

来夏にフリーで獲得となれば補強の目玉となるだろう。ケシエの移籍はあるのだろうか。