今季すでに2ゴールを記録

今季からリオネル・メッシの背負った10番を引き継ぎ、怪我から復帰して結果を残しているアンス・ファティ。彼は新たなバルセロナの象徴となるだろうか。

ファティは昨季、シーズン途中で怪我を負ってしまい長期離脱となっていた。リーガ・エスパニョーラ第7節のレバンテ戦で復帰すると、終了間際に今シーズン初ゴールを決めてみせた。

さらにバレンシア戦では左ウイングで存在感を示し、ゴールネットを揺らして結果を残した。加えてゴール前にも飛び出せるファティは、相手ゴールエリアでファウルを受けてPKを獲得。逆転ゴールとなったメンフィス・デパイの得点も作り出した。メッシが退団となり今季から彼の10番を背負った18歳は、怪我から復帰後すぐさまバルサの戦力として輝きを放っている。

次戦はレアル・マドリードとのエル・クラシコを迎えるファティ。昨季は第7節レアル・マドリード戦で敗れはしたものの、ゴールを奪っており今季も大きな期待を寄せられるだろう。メッシが10番を最初に背負った2008-09シーズンは、どちらも勝利したレアルとのリーガ2試合で3ゴールを決めている。ファティも彼のように世界最高峰の舞台でバルサを勝利に導くことができるだろうか。