ファンアンケートでは46.1%が最高と支持

これまでの歴史で何人もの名手がその番号を背負い、幾多の観衆を魅了した。イタリアの名門・ユヴェントスにとって、背番号10というのは特別な番号だ。かつてミシェル・プラティニ、オマール・シボリ、ロベルト・バッジョ、アレッサンドロ・デル・ピエロといった名手が身に纏ったNo.10は、今も大切にチームの中心となる選手に受け継がれている。

では、そんなユヴェントスの背番号10を着用した選手のなかで、最高を決めるとすれば誰になるのか。先日は現在のNo.10であるアルゼンチン代表MFパウロ・ディバラがチャンピオンズリーグのゼニト戦でクラブ通算105ゴール目を挙げ(現在は106ゴール)、プラティニの記録(104ゴール)を超えてみせた。こうした数字を見てみると、ディバラもまたその候補には入れることができるだろう。

しかし、やはりユヴェントスの10番といえば、多くの人が真っ先に思い浮かべるのはこの男のはずだ。その人物とは、かつてゴール前の“左斜め45度”から繰り出される鮮やかなシュートで得点を量産したデル・ピエロ。そのクラブ通算得点数は驚異の「290」を記録しており、2位につけるジャンピエロ・ボニペルティ(179得点)にさえ100ゴール以上もの差をつけている。プラティニやバッジョもクラブの歴史に名を残す名手だが、さすがにデル・ピエロの右に出るものはいないか。

そして実際、多くのファンもデル・ピエロを支持している。先日、伊『Gazzetta dello Sport』が行ったアンケートにて、彼は他の追随を許さず。実に全体(総票数12000票以上)の46.1%もの得票率を獲得し、トップの座を勝ち取っている。なお、プラティニは24.5%、バッジョは18.4%、ディバラは1.3%だった。

代名詞と言える“左斜め45度”からの一撃とともに、今も色褪せぬデル・ピエロの記憶。はたして、今後彼を超えるNo.10はユヴェントスに生まれるのだろうか。後輩たちの躍動にも期待したいところだ。