これほどのプレイヤーになるとは

元日に行われたマンチェスターシティ対アーセナルの一戦は2-1で大方の予想通りシティが勝利を収めた。が、今季好調のガナーズが王者シティを最後の最後まで苦しめており、プレミアのレベルの高さを思い知らされることになった。特に日本代表DF冨安健洋のパフォーマンスは素晴らしく、欧州でもさらにトップの選手が集まるシティ相手に堂々と戦っており、右サイドバックとしてチームに貢献していた。

今季の冨安が見せるプレイの質には驚かされるばかりだ。今は主流となりつつある偽SBの動きをマスターしており、サイドでオーバーラップを繰り返すオーソドックスな形も問題なく行える。守備でも隙がなく、シティ戦では地上戦でのデュエル勝率100%を記録してみせた(データは『Sofa Score』より)。

市場価値の変化も気になる。『transfermarkt』によれば、冨安の市場価値は先日2000万ユーロから2500万ユーロにアップしたばかりだが、ペップ・シティ相手にあれだけのパフォーマンスを見せれば、評価上昇は間違いないだろう。現在は右SBに限定すれば欧州で8番目となっており、今季終了後にはどこまで数字が伸びることになるのか注目したい。

また、世界的に見ても攻守両面で輝くことのできる若いSBは不足しており、ビッグクラブの噂に冨安の名前が入ることも増えてくるだろう。冨安本人はDAZNの『Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME』にて元日本代表の内田篤人氏と対談した際に「アーセナルが一番上だった時代に一緒に戻ることができれば、今いる場所が世界最高の場所になる。それが僕にとって一番のベストですね」とアーセナルからの移籍の可能性はないと語っているが、各クラブからのアプローチは来るはずだ。

たとえば、今回対戦したシティはサイドバックが不足している。特にシティはカイル・ウォーカーのようなアスリート能力に長け、なおかつサッカーIQの高い選手を探しており、冨安は適任だといえる。ベルギーのシント・トロイデン、イタリアのボローニャを経て世界でも有数のSBに成長している冨安。まだ、23歳と若い選手であり、どこまでのプレイヤーとなるのか楽しみだ。