本命はストライカーだろう

今冬の移籍市場ではチーム内で数少ないストライカータイプであったフェラン・トーレスを放出したマンチェスター・シティ。その枠に入る新たなセンターフォワードの獲得が噂されていたが、どうやら今冬の移籍市場で選手の獲得はないようだ。英『The Athletic』によれば来夏の移籍市場が本番といわれており、CF、左サイドバック、アンカーの3つのポジションの補強を目指すとのこと。その中でも最優先事項がCFの獲得のようだ。

CFであればやはり、ボルシア・ドルトムントのアーリング・ハーランドだろう。今夏の移籍市場からハリー・ケインと同様にクラブが注視していた選手であり、来夏の本命だといえる。彼以外ではフィオレンティーナのドゥシャン・ヴラホビッチやレアル・ソシエダのアレクサンデル・イサクがターゲットであり、アーセナルがライバルとなるか。

左SBであればボローニャのアーロン・ヒッキーの名前が挙がっていた。リヴァプールのアンドリュー・ロバートソンを思わせるようなダイナミックな選手であり、攻撃的な駒としてチームに迎え入れられるか。また、現スカッドではカイル・ウォーカーのようなアスリート能力に秀でたSBが少なく、彼のような守備で安心できるタイプを加えることも考えられる。

前述した2つのポジションはある程度、獲得候補に挙がる選手がいるのだが、アンカーは噂がない。バルセロナがアイメリック・ラポルトやトーレスを狙っていた際にシティはフレンキー・デ・ヨングをトレード相手に指定しており、興味を示している節がある。バルセロナではより前目のポジションで起用されているが、ペップはアンカーとして考えている可能性もある。

現状シティとは2023年までの契約となっているジョゼップ・グアルディオラ。代表の監督を務めるなど様々な憶測が立っている名将の今後だが、いまのところ延長するといった話は出ていない。来季がラストシーズンの可能性があり、実力者を複数人クラブに加える大型補強が見られるか。