ポルトで得点量産中のディアス

リヴァプールが1月の移籍市場で前線の補強に動くかもしれない。英紙『THE Sun』ではポルトのルイス・ディアスの獲得が近づいていると報じている。攻撃陣の離脱者が増えているチームには大きな力となるかもしれない。

アフリカネーションズカップの開催によってエースであるモハメド・サラーとサディオ・マネがチームから離れている。ディボック・オリギも怪我で離脱しており、ロベルト・フィルミーノと南野拓実も離脱していたが、FAカップでサブ入りした。本調子の主力のFWはディオゴ・ジョタのみという状況だ。

そんな中でディアスの獲得は可能性としては十分あり得るだろう。ジョタは3トップの中央とウイングをどちらも務めることが可能であり、フィルミーノがスタメンに復帰すれば、サラーやマネの穴を埋めるためのウイングの補強が最優先となる。

ポルトではサイドハーフでの出場が多いディアスだが、プリメイラリーガでは15試合で12得点とゴールを量産中。UEFAチャンピオンズリーグではリヴァプールと対戦して脅威を与えたチームのエースが、リヴァプールのピンチを救うプレイヤーとなるかもしれない。