交渉は大詰めとも

今冬移籍市場にて、ナポリの補強ポイントの一つとされていたのがサイドバックだ。2021-22シーズン、ここまでの同クラブは右サイドのジョバンニ・ディ・ロレンツォと左サイドのマリオ・ルイが多くの試合に出場し続けている状況。この両名を適度に休ませるためにも、今回のマーケットにおけるSBは急務とされていた。

そんななか、ようやくナポリはひとりのSBを確保することに成功しつつある。伊『calciomercato』によると、現在の同クラブはウルグアイ代表DFマティアス・オリベラの獲得に関して、彼の所属するヘタフェと交渉を進めているようだ。

現在24歳のオリベラは、迫力満点の攻め上がりとハードな守備に定評のある左SB。2021-22シーズンはリーガ・エスパニョーラ出場19試合で1ゴール1アシストを記録しており、そのプレイぶりはスペインでも高い評価を受けている。今月の代表ウィークではカタールW杯に向けた南米予選を戦うウルグアイ代表にも選出されており、将来が楽しみな逸材であることは間違いない。

伊『Gazzetta dello Sport』によると、ナポリは今季終了後にファウジ・グラムやケビン・マルキュイの契約満了による退団が濃厚となっているとも。その将来性も含めて、長期的な戦力としてオリベラは確かに悪くない選択肢と言えよう。交渉も大詰めを迎えているとされるヘタフェの左SB。ナポリ加入となれば、非常に興味深い戦力となりそうだ。