2ゴールをマークするも

今冬からレンジャーズへと加入したアーロン・ラムジーが新天地で高いパフォーマンスを見せている。スコティッシュ・プレミアシップではセルティックに次ぐ2位となっているレンジャーズだが、UEFAヨーロッパリーグではベスト4へと進出している。

今季ユヴェントスで3シーズン目を迎えたラムジーだったが、怪我の影響もあり出場機会は得られない状況が続いていた。1月の移籍市場でレンジャーズへのローン移籍を決め、ハーツ戦でレンジャーズでのデビューを飾った。するとダンディー・ユナイテッド戦では1点ビハインドの64分に移籍後初となる同点ゴールを決める。試合も終盤にもう1点を追加したレンジャーズが逆転勝利を収め、ラムジーも勝ち点3獲得に貢献する。

右サイドバックで得点力の高いジェームズ・タヴェルニエとのコンビネーションでサイドを突破してチャンスメイクしており、逆サイドのライアン・ケントとも好連携を見せる。両サイドから厚みのある攻撃を見せ、欧州の舞台で飛躍するレンジャーズの大きな武器に。ユヴェントスでは苦しいシーズンが続いたラムジーだが、スコットランドで本来の技術を十分に発揮していた。

しかし、スコティッシュカップ準決勝で先発で出場するも、43分に足を痛めて交代。ハムストリングの負傷と発表されており、長期の離脱も考えられる。イタリアメディア『gazzetta dello sport』は、今シーズン絶望の可能性もあると伝えており、ユヴェントスへの早期復帰もあり得ると報じている。レンジャーズで高いパフォーマンスを発揮していたラムジーだが、さらなる苦難に襲われてしまった。ラムジーが怪我から復帰し、来季再びピッチで存在感を発揮する姿に期待したい。