カラバオ杯に続きリヴァプールに決勝で敗戦

120分でも決着はつかず。FA杯決勝はPK戦でリヴァプールに敗れ、惜しくもタイトルを逃したチェルシー。この試合でベンチ入りした、ティモ・ヴェルナーは120分を通して起用されることがなかった。

最近は出場機会も多かったヴェルナー。4月のサウサンプトン戦からカップ戦も含め8試合連続で先発起用され、4ゴール2アシストを記録していた。英『The Mirror』によれば、トーマス・トゥヘル監督は試合後のインタビューで、ウォーミングアップ中の負傷によりヴェルナーが起用できなかったことを明らかにしている。

ヴェルナー以外にも、以前から欠場が噂されていたカイ・ハフェルツはメンバー外となり、マテオ・コバチッチやエンゴロ・カンテも怪我から復帰したばかりの強行出場となっていた。

過密日程にも関わらずほぼベストメンバーを揃えたリヴァプールに対し、厳しいチーム状態での戦いを強いられたチェルシー。2月のカラバオ杯決勝でも今回と同様にPK戦でリヴァプールに敗れたが、トゥヘル監督はこのインタビューで「前回のカラバオカップ決勝戦のように後悔はない。チームには誇りに思うと伝えた」と話している。

チェルシーが残す今シーズンの試合はリーグ戦2試合のみ。まだ来季のチャンピオンズリーグ出場が決まっていないため気を抜くことはできない。決して無理をするべき場面ではないが、ヴェルナーやハフェルツといった選手たちはコンディションを戻し、2連勝に貢献してシーズンを終えたいところだろう。