セリエAの複数クラブが熱視線

これまで長い歴史のなかで、セリエAでは数多くのアルゼンチン出身選手がプレイしてきた。現在もインテルのFWラウタロ・マルティネスをはじめ、同国出身のプレイヤーは数多くイタリアで印象的な活躍を披露している。

そして、そんなセリエAにはまたも楽しみなアルゼンチンの逸材が上陸を果たすのだろうか。伊『Leggo』によると、現在はユヴェントスやASローマ、アタランタ、フィオレンティーナといったクラブが獲得に興味を示しているヤングタレントがいるという。

その選手とは、CAコロン(アルゼンチン1部)に所属するMFファクンド・ファリアス(19)だ。攻撃的MFを主戦場としつつ、センターフォワードや左右のウイングもこなす同選手。現在アルゼンチンでは最も有望な若手の一人と注目されているプレイヤーであり、彼はU-20アルゼンチン代表にも選出されている。

広いプレイエリアで攻撃に変化をつけ、味方の攻撃に違いを作り出す能力に長けたファリアス。アタッキングサードでラストパスも出せれば、自らフィニッシュにも持ち込むことができる攻撃性能は欧州クラブの間でも高く評価されていると『Leggo』は伝えている。そのプレイスタイルは、以前アタランタでプレイしていたFWアレハンドロ・ゴメス(現セビージャ)に近いと言っていいか。イタリアのサッカーに馴染むことさえできれば、一気に成長するポテンシャルは備えていると言っていいだろう。

複数のセリエAクラブが獲得に向かっているとされるアルゼンチンの新星。はたして、今夏ファリアスは初の欧州挑戦をイタリアで始めることとなるのだろうか。もし移籍が決まれば、来季以降の彼がどのようなプレイを見せてくれるかには注目したい。