レガネスでは直近で1ゴール

日本代表はブラジル代表などと対戦する6月のメンバーを発表。遠藤航や田中碧、守田英正といった選手たちに加えて、伊藤洋輝の初選出やUEFAヨーロッパリーグを制した鎌田大地が復帰するなどメンバーに変化も見られた。その中で柴崎岳も選出されており、中盤での層の厚さを見せるためには彼の奮起も必要となるだろう。

FIFAワールドカップのアジア最終予選でもメンバー入りを果たした柴崎。序盤戦では[4-2-3-1]で戦う日本代表でボランチの一角として出場していたが、オーストラリア戦でのシステム変更によって出場機会は減っていき、途中出場が増えていった。

中盤では遠藤航、田中碧、守田英正という3枚が主力の座をつかんでおり、柴崎も彼らからポジションを奪う活躍が必要だ。ただ今回のメンバーで上記3人以外で中盤での起用が考えられるプレイヤーは原口元気や鎌田大地であり、柴崎にもチャンスはあるだろう。

また2列目の選手が多く入った日本代表において、[4-2-3-1]を再び起用する可能性もある。柴崎はレガネスでも同システムでボランチで主力として活躍しており、第40節のエイバル戦ではゴールも記録するなど、コンディションは良い。またパス精度やキックの技術は他選手と個性が被らない柴崎だけの武器だ。インサイドハーフやボランチとして日本代表でもスペインで見せているようなプレイを見せられるか。