ビッグセーブ連発でチームを優勝に導いた

21-22シーズンのELを制したフランクフルト。チームの中心として戦った鎌田大地の評価は上がっており、先日発表された日本代表のメンバーに選ばれている。アジア最終予選では招集外となっており、ELでの活躍が森保一監督の目に留まった可能性が高い。

鎌田以外にも評価を高めた選手は多く、例えば守護神のケヴィン・トラップがそうだ。実力のあるキーパーだが、パリ・サンジェルマン時代にはアルフォンス・アレオラやジャンルイジ・ブッフォンにポジションを奪われ、構想外になった経験を持つ。それでもフランクフルトでは不動の地位を確立しており、EL決勝ではビッグセーブを披露。PK戦でもシュートストップを見せ、勝利の立役者となった。

独『Kicker』ではブンデスリーガでプレイする選手をポジションごとにランク付けしている。21-22シーズンの冬に作成されたランキングではトラップはGK部門で9位だったが、今ではバイエルン・ミュンヘンのマヌエル・ノイアーを追い抜き1位にまでその評価を高めている。その証拠に今季のトラップのスタッツは素晴らしく、セーブ数は113回とリーグ3番目の数字を残した。クロス対応にも長けており、19回のクリアを記録。バイエルンとフランクフルトでは攻められる時間が違うため、単純な比較は難しいが、トラップの実力は正当に評価されるべきだ。

これは今後の代表での活動にも影響するか。ドイツ代表ではノイアーがファーストチョイスであり、トラップはその控えに回ることは多い。だが、21-22シーズン後半戦のパフォーマンスで印象に残っているのはむしろトラップのはずだ。EL決勝という大舞台も経験しており、ワールドカップ・カタール大会までの約6カ月でトラップに出番を与えるのも悪くない。ドイツ代表は日本代表と本戦で対戦するが、この試合でトラップが先発することもあり得るだろう。