ライバルは多い

仏『France Football』が毎シーズン選出しているバロンドール。その年に最も優れたパフォーマンスを披露した選手に与えられる賞であり、2021年はリオネル・メッシ、2020年は新型コロナウイルスの影響により選出がなく、2019年もメッシが選ばれている。

今季も欧州のシーズンが終わり、バロンドールが選ばれる時期なのだが、21-22シーズンは飛びぬけて素晴らしい選手がいた。レアル・マドリードのカリム・ベンゼマだ。彼とバロンドールの受賞を争うと予想されるのはリヴァプールのモハメド・サラーやマンチェスター・シティのケビン・デ・ブライネ、バイエルン・ミュンヘンのロベルト・レヴァンドフスキ、レアルでチームメイトのティボー・クルトワらだが、今季のベンゼマは断トツだった。

まずは得点数だ。46試合で44ゴール15アシストを記録しており、計59得点に関与している。プレイタイムは3919分であり、66分で1ゴールに絡んでいる計算になる。これはレヴァンドフスキでもサラーでも越えられない数字だ。

次に優勝を成し遂げたCLでの出来である。グループステージからゴールに絡んでおり、決勝トーナメントではPSGの1stレグとリヴァプールのファイナル以外の5試合でゴールを決めている。特に次のステージの進出をかけた2ndレグでは必ず活躍しており、勝負強さを披露している。15ゴールでCL得点王に輝いており、チームを優勝に導いた。

英『Football 365』でも「ベンゼマがバロンドールに値する」と主張している。また記事内では元マンチェスター・ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏が「今季のバロンドールの議論は終わった。ベンゼマが受賞しなければ、それは悲劇だ」と発言したコメントも掲載されており、多くのライバルを押しのけ今季はベンゼマの年だと考えているようだ。

以前から素晴らしい活躍を披露するも、メッシとクリスティアーノ・ロナウドの争いに敗れ、バロンドールの受賞はないベンゼマ。それでも今季の活躍はインパクトが大きく、文句なしの受賞となるに違いない。