インテルのスクデット獲得に貢献したルカク

昨季はインテルのエースとして活躍し、今季2014年以来となるチェルシー復帰を遂げたロメル・ルカク。得点源として大きな期待を寄せられたFWだったが、26試合8ゴールと期待値ほどのインパクトを残すことはできなかった。

そんなルカクが来シーズン、インテルへ復帰するのではないかと噂されている。英『Mirror』ではルカクがチェルシーを退団したい意を示しており、インテルへの復帰を希望していると報道。スクデット獲得に貢献したインテルへと戻りたいようだ。

今季ルカクを失いながらも84ゴールを挙げてリーグ最強の攻撃力を誇ったインテル。しかしミラノダービーで勝利を挙げることができず、その差が順位にも反映されてしまい連覇を逃した格好となった。優勝したシーズンではミラノダービーで2戦2ゴールを決めるなど、2年間で47ゴールを挙げたエースの復帰はインテルとしても強力な補強となるはずだ。

また英『SkySports』では、昨オフに移籍金9750万ポンドで加入しチェルシーと5年契約を結んだルカクの売却額をインテルが払うことは不可能であり、金銭的な問題が生じるだろうと報道。期限付き移籍での獲得が現実的だと報じている。プレミア再挑戦は悔しい結果に終わったルカクだが、来季はもう一度セリエAへと舞台を移すのだろうか。