スター選手獲得は一見すると派手だが……

巨額のマネーを手にしたクラブが狙うのは、やはりスター選手だ。スターを獲得して一気に上位を狙うのが最短のシナリオであり、選手にとっても巨額のサラリーは大きな魅力になる。

サウジアラビアの政府系ファンド『PIF』に買収されたニューカッスルはマネー部分で大きな注目を集めているクラブで、今夏にも積極的な動きを見せると予想されている。

ここでスター選手を獲得できれば話題性抜群だが、安易にそこへ手は出すべきではないと警告する者もいる。かつてニューカッスル、リヴァプールなどでプレイしたDFホセ・エンリケだ。

「ネイマールやポグバといった選手獲得へ動くのは大きなミスになるだろう。監督のエディ・ハウが彼らのような選手に動くとは思わない。ポグバはニューカッスルには合わないし、ハウはよりアグレッシブな選手を探すだろう。ポグバやネイマール獲得は、マンチェスター・シティがロビーニョを獲得した時と似たものになるだろう。ファンがそうした選手を好むのは分かるが、そうした選手はプロジェクトではなくお金のために動くからね」(英『Express』より)。

今冬のニューカッスルは降格を回避すべく、MFブルーノ・ギマランイスやDFキーラン・トリッピアーなど比較的堅実な補強に動いて成功を収めた。こうした地道な補強が今は大切なのだろう。ファンの中には一発大逆転といったメガ補強に期待する人もいるはずだが、マネーパワーでスターばかりをかき集める手法が成功に繋がる保証はない。今夏に求められるのは、指揮官ハウのスタイルに合う選手を獲得することだ。