今季過小評価されている7人に

ポジションによって評価も分かれるが、攻撃的なポジションを務める日本人選手でブンデスリーガ最高の評価を得たのはおそらく香川真司だろう。ドルトムントでブンデスリーガ連覇を達成するなど、個人としてもチームとしても圧巻の時間を過ごした。あの香川のインパクトを超える日本人選手はなかなか見当たらない。

だが、その香川の領域に近づけるのではと考えられている者はいる。今季フランクフルトでヨーロッパリーグを制したMF鎌田大地だ。

ブンデスリーガ制覇は達成できていないが、鎌田も今のブンデスリーガを代表するチャンスメイカーの1人と評価されてきている。先日のパラグアイ戦でも見せたように、独特のアイディアとテクニックを持つ選手だ。

『90min』は、その鎌田を『今季過小評価されていた7人』と題した特集にリストアップしている。ヨーロッパリーグ制覇にも貢献したものの、適切な評価を得ていないと考えられているのだ。

他の6人の面子もかなり豪華で、マンチェスター・ユナイテッドFWクリスティアーノ・ロナウド、レアル・マドリードGKティボー・クルトワ、レヴァークーゼンFWパトリック・シック、ミランDFフィカヨ・トモリ、同じくミランMFサンドロ・トナーリ、ローマFWタミー・エイブラハムがリストアップされている。

この6人の今季も評価されていないわけではないのだが、同メディアはもっと称賛されるべきと主張する。この中に鎌田が入っているのは見事だ。

マンUで孤軍奮闘したと言ってもいいロナウド、チャンピオンズリーグでバロンドールにもふさわしいと言われるほどのパフォーマンスを見せたクルトワ、ミランのスクデットに貢献した若者2人に、カンファレンス・リーグ制覇にも貢献したエイブラハム、ブンデスリーガでゴールを量産したシックなど、確かにこの6人のパフォーマンスは素晴らしかった。

その中で同メディアは鎌田について、「香川の時代が終わって以降、ブンデスリーガで香川に匹敵するアジア人選手はいない。だが、鎌田は香川と同じくらい大きな存在になるか、それを超える可能性もあると考えられている。フランクフルトでヨーロッパリーグを制し、鎌田はキャリアを次のレベルへ引き上げる準備が出来ているようだ」と絶賛する。

能力的にはフランクフルトからのステップアップも可能なはずで、そのテクニックは世界的に評価されている。日本代表でも主軸になれる選手だが、鎌田は香川に匹敵する評価を得る選手となるのか。