ワイナルドゥムを狙うと英紙

今季途中からオーナーが変わったことで、世界一のリッチクラブとなったニューカッスル。前半戦は降格圏に陥っていたものの、1月の移籍市場ではMFブルーノ・ギマランイスやDFキーラン・トリッピアーを獲得してチームを強化すると、最終的には11位でシーズンを終了した。

さらなる補強に注目が集まるニューカッスルだが、スター選手を獲得するのではなく、今冬のような堅実な補強が見られるかもしれない。そのターゲットの1人となっているのがジョルジニオ・ワイナルドゥムだ。

リヴァプールからパリ・サンジェルマンへと移籍した同選手だが、今季は失敗と言わざるを得ないシーズンだった。リヴァプールでは、在籍5年間で毎シーズン公式戦40試合以上に出場していた。しかし今季リーグ・アンで31試合に出場するものの、先発はわずか18試合にとどまっており、自らの能力を十分に発揮できたとは言えない。

そんなワイナルドゥムに対し、英『Mirror』では古巣のニューカッスルが関心を示しているようだと報じている。フェイエノールトやPSVで活躍した後、2015-16シーズンにニューカッスルでプレイした同選手。プレミアリーグで38試合に出場して11ゴールを決める活躍を見せるものの、チームの2部降格とともにリヴァプールへ引き抜かれている。

その後はプレミア王者にCL制覇とさまざまな経験を積んだワイナルドゥム。PSGでは出場機会が激減してしまった男だが、パフォーマンス向上へ7年ぶりの古巣復帰は実現するのだろうか。