テンポよくパスをつないでいく

AFCU-23アジアカップを二つ下の年代であるU-21のチームで日本代表は戦っている。すでにグループステージの3試合を消化しており、2勝1分の好成績で決勝ラウンドに駒を進めた。準々決勝は韓国代表と対戦する。

そんなヤングジャパンの中盤には実力者が揃っている。高卒ルーキーとして注目を集めたFC東京の松木玖生、横浜F・マリノスの藤田譲瑠チマ、東京ヴェルディの山本理仁と逸材揃いで、とくに清水エスパルスでプレイする松岡大起はその中でも頭一つ抜けているように思える。

サガン鳥栖のアカデミーで育ち、その後清水にやってきた松岡。21歳と若い選手だが、Jリーグでの通算出場数はすでに100試合の大台に到達している。10代の頃から実戦で培ってきた経験値は膨大であり、彼の正確なプレイを支えている。

松岡の強みは正確なパスで攻撃を操るゲームメイクだ。ショートパスとロングパスをリズムよく繰り出し攻撃のテンポを上げていく。サイドチェンジを多用し、攻撃を停滞させない。守備面でも存在感は抜群であり、読みの鋭いタックルでボールを回収する。

3-0と快勝したタジキスタン戦では松岡の強みが出ていた。44分には上手くフリーになりボールを受けると味方に縦パスを供給。畑大雅がクロスを上げその流れからPKを獲得している。49分左サイドへのロングボールも正確であり、存在感を見せるゲームとなった。

ワールドカップ・カタール大会には間に合わないが、今後フル代表に呼ばれる可能性は十分にある。運動量があって攻守両面で輝ける中盤は今の森保ジャパンが必要としている人材だ。松木や藤田もそれに該当する選手であり、一気にU-21からフル代表の世界に飛び込むことはできるのだろうか。