過去にはドルトムント残留を明言も

今季UEFAチャンピオンズリーグを制したレアル・マドリードは、来季の補強としてオーレリアン・チュアメニの獲得を発表。リヴァプールらとの競合に勝ち、若き中盤のスター候補獲得に成功した。

そんなレアルがさらなるMFの補強を進めているようだ。スペインのラジオ局『Cadena SER』によればドルトムントのジュード・ベリンガムに関心を示しており、高額オファーの準備を進めていると報道した。

ベリンガムについては、リヴァプールが獲得を目指す18歳だが、チュアメニのようにレアルへ行く可能性もあるのだろうか。過去にはドイツ『Ruhr Nachrichten』にて来季のドルトムント残留を明言したベリンガム。スティーブン・ジェラードへの憧れを持つ同選手だが、ドルトムントとリヴァプールに加えレアルへの移籍も今後のキャリアで選択肢のひとつになっていきそうだ。

レアルも昨夏にエドゥアルド・カマヴィンガを獲得し、今夏はチュアメニを補強するなど高齢気味にある中盤に若い選手を迎え入れている。彼らに加えてベリンガムを補強することができれば、将来に向けて盤石な中盤を揃えることになるだろう。白い巨人が次世代のスター候補の獲得に向けて大金を準備している。