ダルウィン・ヌニェスはリヴァプール移籍は決定

今季はリヴァプールで3トップの中央として輝きを放ったサディオ・マネ。しかしシーズン終了後には移籍の意向を示唆しており、バイエルンが獲得に向けて準備を進めていた。

そんなマネのバイエルン移籍がまもなく決定しそうだ。移籍のスペシャリストであるファブリツィオ・ロマーノ氏が自身のSNSにて移籍金3200万ユーロで合意したと伝えており、ボーナス込みで4000万ユーロに達すると明かしている。すでにリヴァプールはベンフィカからダルウィン・ヌニェスを獲得しており、マネの放出は決定的となっている。

またバイエルンのエースであるロベルト・レヴァンドフスキの放出の意向を示しており、バルセロナが獲得に向けてオファーを検討。そのバルサも昨季13アシストを記録したウスマン・デンベレとの契約延長が決まらず、チェルシーなどが関心を示している。

マネやレヴァンドフスキなど今季はエース級の選手たちによる退団の意向が目立っており、FWの大きな入れ替えが行われる。ドイツへ挑戦となりそうなマネや、他リーグへのチャレンジを望むレヴァンドフスキなど、ストライカーの真価が問われるシーズンになりそうだ。