リュディガーとクリステンセンが退団

来季はマンチェスター・シティとリヴァプールの牙城を崩したい今季3位のチェルシー。すでにアンドレアス・クリステンセンやアントニオ・リュディガーがクラブを去っており、来季はさまざまな選手の入れ替えが予想される。

そんな中で今季チェルシーへ加入するものの、期待通りの活躍ができなかったロメル・ルカクがインテルへの復帰を望んでおり、イタリアへ復帰するのではないかと噂されている。英『DailyMail』ではインテルがチェルシーから期限付き移籍でルカク獲得に向けてオファーの準備を進めていると報じた。

また同紙ではチェルシーがインテルのミラン・シュクリニアルに関心を示していると報道。すでにパリ・サンジェルマンへのオファーには断りを入れている模様だが、ルカクの完全移籍に向けてトレードという形でシュクリニアルがチェルシーへと渡る可能性もあると伝えている。

守備陣の大幅な入れ替えが行われるチェルシーにとって、シュクリニアルを獲得できれば大きな補強となるだろう。守備の再建に向けてインテルを支えるディフェンスリーダーが新たな挑戦に挑む可能性はあるのだろうか。