昨季はカタールでプレイしている

11月に開催されるワールドカップ・カタール大会。4年に一度行われるサッカーの祭典で、各地域から集まった強豪がグループステージと決勝トーナメントを戦い世界一強い国を決める。それと同時に選手としてはステップアップできる重要な機会であり、2014年に行われたワールドカップ・ブラジル大会ではコロンビア代表のハメス・ロドリゲスが素晴らしい活躍を見せ、モナコからレアル・マドリードへの移籍を果たした。

初年度となった14-15シーズンはリーグ戦29試合で13ゴール13アシストの大活躍を見せ、自身の実力がレアルでも通用することを示した。しかし徐々にプレイタイムが減り、ローン移籍でバイエルン・ミュンヘンへ。ここでも出場時間は増えなかったが、初年度は1627分で7ゴール11アシストと短い時間でもゴールに絡めることを証明している。その後は自身の恩師が指揮官を務めるエヴァートンへ移籍し、23試合で6ゴール4アシストを記録。プレミアにも難なく適応したが、ラファエル・ベニテスが指揮官になったことで戦力外を告げられてしまい、カタールのアル・ラーヤンに加入している。

5大リーグから去ることになったハメスだが、欧州復帰を考えているようだ。英『Mirror』によるとバレンシアやビジャレアルのスペイン勢に、ジョゼ・モウリーニョ率いるローマが関心を示しているという。

一度は欧州の舞台からフェードアウトしたコロンビア代表MFだが、その実力は衰えていない。エヴァートンでも初のプレミア挑戦ながら10ゴールに関与しており、得点に絡む能力の高さは健在だ。ただ守備での献身性は改善する必要があり、ローマに移籍となればモウリーニョから走ることを求められるはずだ。

選手寿命が延び、ハメスの31歳はまだ老け込む年齢ではない。現に複数のクラブが彼に関心を寄せており、来季はどのクラブでプレイすることになるのだろうか。